坪井の森と桑納川の記憶

2016-12-10

小学生のころ、夏になると日大の裏手に広がる雑木林までよく虫取りに行っていました。
1970年代のお話です。

船橋東図書館の通りを東に進み習志野台中の南側を通過、日大理工学部の体育館にさしかかる。
そのあたりで舗装路は終わり、土のあぜ道の下り坂に。
坂を下ると川が流れていて、石の板を渡したような手すりもないような橋があり、川の両側は南北に長い田んぼが横たわる。

お目当ての雑木林は田んぼの向こう側のあぜ道沿い。
カブトムシ、クワガタ、カミキリ。昆虫の王様たちに出会えるのだ。

田んぼと雑木林の間のあぜ道を北上しながら木の幹を観察していくと樹液が出ているところにお目当ての虫たちが群がっているわけです。
まぁ、カナブンやコガネムシといったザコキャラしかいないこともあるし、時にはスズメバチが樹液を吸ってたこともありましたが。
また、足元の草むらにはムシはムシでもとっても危険なマムシが潜んでいることも。

ちょっとどきどきしながらも結局は行くんです。
行かない、という選択肢は少年には、なかった。

冒険の見返りにミヤマクワガタやオオクワガタ、ミヤマカミキリ、ヤマトタマムシなどを見つけたときのドキドキ感は長い人生の中でもそうそう味わえるものでは、なかった。

そこまでレアでなくとも、カブトムシやノコギリクワガタ、コクワガタでも嬉しかったなぁ。

そんな夏夢の楽園、"坪井の森"。
記憶をたよりにGoogleMap上に書き足してみました。

坪井の森

やや雑ですが、さんざん通っていたエリアですので、位置関係はそこそこ合っているかと。

いまや坪井のこのエリアはハイセンスな戸建てが林立し、スーパーやホームセンターが通り沿いに立ち並ぶ"街"ですが、当時は鬱蒼とした木々と田畑に囲まれた自然と触れ合える場所でした。

当時は東葉高速も走ってなかったし、坪井近隣公園も坪井東という町名もなかったし、坪井中さえなかった。
坪井小がようやっとできたころだった・・。

探索の中心は田んぼの東側のあぜ道でした。西側にはほとんど道がなかったので。
いちど西側(坪井中の東側)にも分け入ってみたことがあったけど、業者らしき男がはしごを木にかけて大量にカブトムシを捕獲しているところに遭遇し、ひどく怒られたので避けるようになってしまいました。

東側のあぜ道を北上し、現在の坪井近隣公園のあたりまでいくと、雑木林が終わり視界が開けます。
その先に現れる橋を渡り、坪井町の集落に出て習志野台に戻る、というのが定番のコースでした。

橋の近くには「一級河川 桑納川(かんのうがわ)」と記された立て看板があったのを覚えています。

この桑納川。思えば最初に日大の体育館の脇を下ったところが一級河川の源流付近だったことになります。
現在はマンションが立ち並んでいる習志野台8丁目のあたりが源流です。

でも源流付近でもそれなりに水量があったと記憶しています。

そんなに深くはないけど、もし自転車が落ちたらほぼ水没するだろうなっていう感覚。
土手が斜面で飛びにくいこともあるけど、小学生のジャンプ力では川を飛び越えられないだろうなっていう感触。
子供目線なので広く感じたのかも知れませんが、川幅は2m程度はあったように思います。

現在はこのあたりは坪井川と呼ぶようです。
坪井近隣公園から先、当時看板があったところから桑納川となり、八王子神社のあたりで船橋アリーナのほうから流れてきた駒込川と合流、そのすぐ先で高根台から流れてきた木戸川と合流し、印旛沼の治水のために作られた新川(印旛放水路)へ流れ着きます。

現在ワタクシは松が丘へと移り住んでおり、最寄の川は木戸川になります。
木戸川も、大穴南から来る大穴川、三咲駅近くから来る三咲川、楠が山と神保町の境あたりから来る神保川と合流しながら桑納川へと注ぎます。

いずれも緩やかな川で、流域に田んぼが拡がっているのが特徴です。
坪井はすっかり街になってしまいましたが、これらの川を散策すれば、いまでもかつての坪井の森と似たような景色に出逢えるのではないかと考えているところです。



#追加コメントは移転先のほうへお願いいたします。m(__)m
 
この記事へのコメント
お久しぶりです。
当時の坪井、懐かしいですね。
詳細な記述と復元地図で、タイムスリップさせていただきました^_^
おっしゃる通り、私も当時、坪井でミヤマクワガタを捕まえました。野生のミヤマクワガタなんて、もう見ないと思います。
ちなみに新川にもよく、ザリガニを捕まえに行きました。
Posted by 白井 at 2016年12月20日 23:22
白井さん、お久しぶりです。
坪井の森へ昆虫採集に行ってましたか!
そしてミヤマクワガタも!
あそうそう、ザリガニやカエルもたくさんいましたね〜!

当時の習志野台在住の男子にしかわからない夢の国の記憶かも知れませんね。
Posted by きたならぱぱ at 2016年12月21日 00:05
はじめまして。このHPは結構前からファンで、製粉工場の記事とか楽しませていただいてます。
今回の坪井の森の記事、とても興味があります。
自分もこのエリアで遊んだ世代ですが、自分の頃は、川はどぶ川に変貌していて、田んぼは無く、アシやガマが生い茂った湿地帯だった記憶があります。ザリガニをよく採りに行ったものですが、湿地帯の所々に小さい沼があり、水底が全く見えないほど汚く、独特の臭いがするヘドロ地帯で、靴や服が汚れて親に怒られたものです。ちなみにあぜ道に面した木の実幼稚園に通っていました。
自分がこのエリアで遊んでいたのは80年代に入ってからでした。小学一年生当時なので、昭和56年頃だと思います。既に8丁目のマンションが出来上がっていて、川は勢いよく流れていて、
川には粗大ごみ等が露骨に捨てられていてとてもじゃないけど魚や生き物が棲めるような状態ではありませんでした。川の東側のあぜ道は当時もありましたね。川からあぜ道までは湿地帯でアシなどの植物が高く生い茂っていたので、普通に歩ける状態でなく、何か所か通路があぜ道までに通っていた記憶があります。ウシガエルの鳴き声が響き渡っていましたね。あぜ道沿いに雑木林があったのも記憶にあります。雑木林は坂になっていて、木の実幼稚園を見上げる感じでしたね。
その雑木林は自分の頃もかぶとむしのスポットだたのですが、実際にゲットした話はあまりなく、自分もカナブンしかゲットできなかった記憶があります。そのあぜ道を北上した先の、現在の坪井公園のあたりの記憶は全くありません。
きたならぱぱさんの時代は1970年代とありますが、そのころには田んぼがあったんですね!8丁目のマンションが建つ前。。あの辺はどんな感じだったのでしょうか!?自分が記憶する、中央に一本流れていた川、自転車や電機製品が捨てられた汚いどぶ川・・あの川も70年代ごろはきれいで、フナやドジョウなどが棲めるような小川だったのでしょうか!?雑木林も自分の時代よりかぶとむしやクワガタが棲みやすかったのしょうかね。あの雑木林でミヤマクワガタなんて凄すぎです!ただ、川の西側は全く記憶がないんです。
自然豊かだったあの頃の坪井エリア・・なんだか興奮気味で記事を読ませていただきました。
Posted by きょうこう at 2017年02月09日 17:00
きょうこうさん、こんにちは。

ファンなんていうありがたいお言葉、恐縮です!
おなじ景色を共有してくれる人がいてワタクシも嬉しく思います。

ワタクシの80年代は社会人になる前後でしたので、もう坪井の森に行くことはありませんでした。
が、やがて松が丘に移り住み、子供ができて幼稚園に上がった2000年ごろに散歩ついでに立ち寄ったことがあります。

その時はきょうこうさんのおっしゃるとおりの状況で、田んぼは荒れ地になり果て、立ち入り禁止のロープが張られ、あぜ道には蜘蛛の巣が横切っていて人の出入りがなくなったことを示していました。

人が来ないなら虫は生息しやすいかも、とも思いましたが雑木林もなんか生き生きしていないというか、葉が白っぽくて腐りそうな感じで、樹液が出ていそうな感じではなくなっていました。

子供たちに虫が見せられたらいいかな〜なんて思っていましたがそんな期待がもてるような環境ではなかったです。

さらに進むといずれ船橋日大前駅になる場所一帯はすべての草木が取り払われ、土砂に覆われた土木工事現場と化していました。

そんな状況を目にしていましたので、いまのきれいな街並みを普通に受け入れられるというか、思い出の地を潰された悔しさはあまりない感じです。

70年代はまだ田んぼでしたよ。
足を突っ込んでヒキガエルを捕まえました。

8丁目のマンションのあたりはたぶん造成中だったのではないか、と思います。
というのも何かが邪魔して入り込めなかったような記憶なんです。

子供なら川沿いををさかのぼって見に行くと思うんですが、、いや、行こうとした記憶はあるんですが、、何かがじゃまで行くことが叶わなかった、、そんなあいまいな記憶しか残っていません。

その付近の川はフナやメダカが来るほどまでの清流ではなかったと思いますが、ドジョウくらいならいた可能性はあると思います。

田んぼの中腹のほうはコンクリートでしたが、上流は草が生える土の斜面でしたので。

桑納川になるあたりも割と自然な川岸だったように思います。
Posted by きたならぱぱ at 2017年02月09日 23:53
遅れてレスしますwとても興味のある「坪井の森と川」なので。もう一度記憶をフル回転させて思い出してみたんです。坪井川の上流ですが、たしかトンネルから水が流れていた。。そのトンネルとは8丁目のマンションの下から。。なんか土管のようなものがあった記憶が。。土管から流れる川でザリガニを探してた??なんかそんな曖昧な記憶。小さい沼地がたくさんあって「底なし沼」っていうエリアがあって、そこで靴を持ってかれて泣いていた女の子に自分の靴をあげて帰った。。昭和56年頃の話です。色々調べたのですが、1970年代に、坪井川上流付近にあったテレビ等の部品を作る工場がカドミウムを流し、田んぼが死活の状況になり、田んぼ運営できなくなったところに土地ブローカーがあの土地を買いあさった。。のような情報を得ました。なんか合点がいく感じです。それまでの美しい田園は失われた。。数年の差でそんな風景を見られなかったことがとても残念です。なんとなく浦安の黒い水事件ににてますね。でも坪井川上流は自分の遊んだ頃はマンションが既に出来上がっていて。。あの辺が坪井川の上流エリアで素敵な、風景が存在していたのかと思うと・・・当時の風景が見たい!
なんか言いたい放題のレスですみません。
もう一度あの頃の坪井川エリアの風景と自分が知らない、田んぼがあった頃の風景を見てみたいです。
Posted by きょうこう at 2017年02月14日 20:55
きょうこうさん、こんにちは。

>なんか土管のようなものがあった記憶が。

あぁぁぁ、あったかも!
崖(鉄板?)みたいなところから2本突き出ていたような記憶が蘇ってきました!
その手前の土地も造成がはじまっていて土管に近づけなかった・・・ような。
70年代からすでに8丁目の開発は始まっていたかもです。

カドミウム汚染ですか。
折りしも豊洲でも大騒ぎになっていますが、高度経済成長期だったからあっても不思議はないですね。
2000年ごろに見た死んだ森も土壌汚染があったとなれば合点がいきます。
にしても、森が死ぬほどとなるとけっこうな汚染量なんじゃないかなぁ。

さて、現在、我が家の近所の木戸川では護岸工事がおこなわれていて、両岸に遊歩道が整備されつつありますが、ちょっと当時の坪井川上流に似てるかな?って思うときがあります。
近々記事にしたいと思っています。
Posted by きたならぱぱ at 2017年02月16日 01:07