国際製粉 千葉工場

2016年10月8日

以前、新京成の車窓から見えていた、木造なのに5階建てもの高さのこげ茶色の要塞のような建物について「昔日の新京成」という記事の中で書きました。

たくさんの方からコメントをいただき、それは「国際製粉 千葉工場」だったことが判明。
わずか9年の操業ののち、22年もの期間を廃屋として怪しく君臨していた孤高の楼閣。

それぞれの方々の心にさまざまな記憶として刻まれていることを嬉しく感じました。

さらに、小島 明さんから国際製粉の画像のご提供をいただけることになりました。
以下に謹んで掲載させていただきます。みなさん、どうぞ懐かしんでください!

kokusaiseifun01.jpg
1977年12月18日前原の国際製粉建物_01 撮影:小島豊徳

kokusaiseifun02.jpg
1977年12月18日前原の国際製粉建物_02 撮影:小島豊徳

kokusaiseifun03.jpg
1977年12月18日前原の国際製粉建物_03 撮影:小島豊徳

kokusaiseifun04.jpg
昭和40年ごろの船橋市地図・国際製粉


線路にたやすく入れてしまう様子や当時の主流だったクーペなフォルムの自動車もはっきり写ってますね!

あらためまして、小島 明さん、ありがとうございました!

 
この記事へのコメント
 コンバンワ、きたならパパ様。御元気でしょうか⁉ ご無沙汰して、申し訳ございませんでした。
 国際製粉千葉工場の写真を、アップして下さり、誠に有難うございました🎵🎵
この工場の前原よりに、国鉄の送電線が在ったのが、印象に残ってます。確か、ガイシ数が4個の22000v送電線だったと思います。西船橋と稲毛を結んでいたはずです。チャリで、この送電線を追跡したっけ…。
Posted by 元新京成沿線住民 at 2016年10月09日 19:34
元新京成沿線住民さん、こんにちは。

国鉄の送電線ですか。あぁーなんか、昭和40年ごろの地図にも前原ゴルフ場の上を通っているように描かれていますね。
さらに中野木中学校の校庭をかすめていたのかな?

そのまま西のほうに延長すると我が愛しの船橋旭高校の校庭を通る送電線の記憶が。
あっちとつながっていたのかなぁ???

Posted by きたならぱぱ at 2016年10月10日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。