割烹旅館 玉川

玉川旅館
正式名称は「割烹旅館・玉川」。

船橋市役所から北西に100mほどの場所にある由緒正しい温泉旅館です。

玉川旅館

創業は大正10年。
国の登録有形文化財として登録されています。

玉川旅館

当時の写真を見ると、玉川旅館の眼前には遠浅の海が広がっていたことが伺えます。
市役所のあたりはちょうど波打ち際かな。

玉川旅館

旅館内に「湊温泉」があり、船橋市で唯一の温泉法上の温泉(メタ珪酸・メタ硼酸含有)です。
市内でラジウム鉱泉はよく見かけますが、玉川旅館は本物の温泉。
効能は慢性関節リュウマチ・慢性筋肉リュウマチ・神経痛・神経炎・外傷性障害及び関節等の障害・疲労回復。

玉川旅館

ここが案内板の当時の写真にも写っている正面玄関。
扉といい看板といい軒といい、風情があります。

玉川旅館

昭和10年7月1日に船橋へ転居した太宰治。
11年10月12日までの1年と少々、船橋市宮本1丁目で借家生活を送っています。

その自宅から歩いて15分ほどの玉川旅館にやってきて、20日余り「桔梗の間」に篭り、小説「ダス・ゲマイネ」「虚構の春」「狂言の神」を書いていたそうです。

でも宿代が払えず、辞書や本、万年筆などを肩代りに置いていったとか。

そんな歴史に思いを馳せてみるのも一興です。

                            ※ 写真は2010年8月に撮影したものです。

 
この記事へのコメント