帰ってきたならマンホールの蓋

2014年6月16日

昨日の記事で描いたマンホールの蓋ですが、今日改めてみ見たら早くも元に戻っていました。



昨日浦安市の蓋を見つけた場所と同じ場所のはずです。



まるで今さっき塗ったばかりのような新しい蓋です。

どうやら職人さんに蓋の塗り直しを依頼している間、あり合わせの蓋に置き換えていた、というのが真相のようです。


にしてもよく気がついたな〜、俺。(^。^;)
これにて一件落着!


しかし、そのあとも気になりだすと蓋が気になって仕方がありません。(^。^;)


ということで、船橋マンホールの蓋 's コレクション!



色を塗っていない蓋。



その前のデザインの蓋。
中心のマークは船橋市の市章。
「舟」の字をモチーフに図案化したものなんですよ〜。
船の舵のようにも見えます。
小学校の時分に習いました。(^^)v



さらに古い蓋。



船橋のマーク入りでは最も古そうな蓋。

他にもあるかな〜。


きっとこの記事を読んだアナタも、マンホールの蓋の呪縛から逃れられないこと請けあいです!(^。^;)

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。