ふなばし産品ブランド


船橋産品ブランド、広報ふなばしに載っていたのを読んだときもへ〜って思いましたが、船橋映画を観て改めて興味を持ちました。



4つの産品が選ばれていて、一見なんだそれ?って思うけど、これがなかなか奥が深い。

「結ばない靴ひも キャタピラン」
 簡単に脱いだり履いたりでき足の負担も軽減する。スポーツシューズに最適。

「かばん工房エンドウの手作り革鞄」
 鞄創作技術コンクールで数々の賞を受賞。映像からも触れてみたいと思う質感を感じる。

「ニチオンの音叉」
 正確な振動数。音楽用のほか医療用・教育用にも使用される。国内シェア80%を誇る。

「丸山金属のホック」 
 国内のみならず世界の高級ブランドに採用されているホック。止めはずしの感触が絶妙。


ワタクシ、最近財布を買い換えたんです(もちろん安物)が、小銭入れ部分のホックが硬くて硬くて、わずか1ヶ月ほどで埋め込まれていたホックの雄のほうがが剥ぎ取られてふたのほうにくっついて来てしまいました。(--;)
だからといって財布そのものはまだ綺麗だし即捨てる気にもなりませんので、小銭入れのふたがぷらんぷらんの状態のまま使ってます。モタイナイデス。
もうそれで慣れちゃいましたけど、これが丸山金属のホックだったらと思うと悔しくて涙が止まりません。(嘘)

たかがホック、されどホックです!
こういう細かいところまで細やかな神経を行き届かせることができるのが日本人です。
めざせ世界シェア100%ww


そのほか「第3話 船橋 ものづくりのまち」に登場するものづくり企業はいずれ劣らぬ個性派揃いです。

ニシ・スポーツ:陸上競技専門メーカー。
   陸上競技用の用具、設備、計時・計測用機器、ウェア、トレーニング機器の製造・販売、
   競技場での計測や大会運営。

DMG森精機:工作機械製造会社。NC旋盤・MCでは最大手。
   千葉事業所はマシニングセンタと旋盤の2種類の加工が可能な複合加工機の開発から
   製造や小型マシニングセンターの製造を担う。

クボタ:耕うん機をはじめとした農業機械やパワーショベルをはじめとした建設機械最大手。
   浄水・下水・用排水処理関連事業、自動販売機や空調機器などの製造。
   京葉工場の主力はダクタイル鋳鉄管。

山本科学工具研究社:ISO・JISによる世界唯一の硬さ基準片専門メーカー。
   硬さ基準片、硬さ標準工具製造販売。まさしくものづくりの基準点。
   わずか20数名の企業が作る素材が世界標準として利用されている。

 


この記事へのコメント
きたならぱぱさん、ご無沙汰しております。

船橋市郷土資料館で、この4月から『津田沼の今昔』というタイトルの冊子が発売されるとの事です。

写真や当時の地図や年表で、津田沼の移り変わりを紹介との事ですが、以前この資料館で開催された『津田沼の今昔』の写真がメインかと思われます。

すでにご存知でしたらすみませんm(_ _)m
Posted by 白井 at 2014年04月08日 15:09
白井さん、こんにちは。

『津田沼の今昔』の冊子販売ですか〜!
知りませんでした。ありがとうございます!

気になりますね〜。(^。^;)

値段があまりお高くなかったら買いたいところです。
Posted by きたならぱぱ at 2014年04月08日 18:58
たびたびどうもです。

値段は540円です。

昭和45年の津田沼駅前商店街の案内図も掲載されてるとの事です。
Posted by 白井 at 2014年04月09日 07:44
きたならパパ様、こんにちわ。
 貴ブログを読まさせて頂き、私は、いつも、慰められたり、励まされております。
 今日、郷土資料館で、私は「津田沼の今昔」を買いました。
 御値段は¥540でした。
 内容は、津田沼近辺の写真でした。
 国鉄津田沼駅、国際製粉の工場、サンポーの写真も、掲載されてました。
 前原を離れて、約25年…。
 船橋市は、随分発展しましたね!
アリガトウ!
Posted by 元新京成沿線住民 at 2014年04月09日 14:53
白井さん、 元新京成沿線住民さん、こんにちは。

マトコメ失礼します。

・昭和45年の津田沼駅前商店街の案内図
・"国鉄"津田沼駅
・国際製粉の工場
・サンポー

なんだかここを見て作っていただいた、かのような錯覚すら覚えます。(^。^;)

それでいて540円というお値段。
これはもう買うしかないですね!(^^)v

ありがとうございます!
Posted by きたならぱぱ at 2014年04月11日 15:56
 

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。