御幸だぁ!!!

2009年6月29日

御幸 北習志野駅前店今朝、御幸(北習志野駅前店)のシャッターが開いていて、中の電気が灯いていました。
何年ぶりかで、超〜懐かしい店内の姿を拝ませていただきました。

中の書棚はほとんどそのまま残っているんですね〜。(残置か・・)

あの辺はスポーツ雑誌が並んでたなー、と、立ち読みしているワタクシの姿を思い浮かべて感慨に耽ってしまいました。

いや、ちゃんと買ってましたよ、テニスジャーナルとかTTとかテニスクラシックとかテニスマガジンとか。
そしてエドバーグのバックハンドやレンドルのサーブを頭に叩き込んで、まだ東葉高速の橋脚がなかった頃の西習志野3丁目の崖の下の公園で体に憶え込ませていたものです。

おっと話が・・・小学生のころ、まだ珍しかったシャープペンシルをはじめて買ったのもここの2階でした。
受験の頃もあまり勉強しなかったけど、一応参考書など買いました。

今にして思えば、博文堂は昔ながらの本屋さんでしたが、御幸はちょっとおしゃれな感じがありましたね。
幅の広いアールのついた階段がその象徴かも知れません。

博文堂の階段は狭くてやや急でしたからね。
でも博文堂は定期購読すると自宅まで届けてくれたので、テニクラを届けてもらっちゃってました。

いまやAmazonをはじめとしたネット通販で、自宅に届くのは当たり前、しかも圧倒的な品揃えであるわけですが、津田沼や船橋に出てもあまり大きな本屋さんがなかった時代に、お届けサービスをやっていたのはとても素晴らしかったです。

おっとっと。(^^;)

博文堂は夜7時(7時半だったかも)で仕舞ってましたが、御幸は8時までやってました。これが当時は大きな差でした。
セブンイレブンが夜11時で閉店していた時代ですからね〜。(^^;)

まぁ、そんな博文堂跡地もいまやすっかり白戸家が馴染んでいるわけですが、御幸の面影もついになくなるときがやって来たのかも知れません・・・。

 


この記事へのコメント
わっ
御幸だぁ!
懐かしいです。

私、本(雑誌や漫画)は博文堂派、
文具は御幸派でした。
2階に上がるとそこそこ洒落た文具が置いてあった記憶があります^^
Posted by 通りすがりのアラサー at 2009年07月03日 22:52
通りすがりのアラサーさん、コメントありがとうございます。

でしょでしょ〜、懐かしいですよね〜。(^o^)
前を通ったときは思わず吸い込まれそうになりました。

もうすてに本棚などは撤去され、がらんどうになっていました。でもあの階段だけはまだ健在でした。

このあとどんな店に生まれ変わるか知りませんが、きっとあの階段は面影を残すことと思います・・。
Posted by きたならパパ at 2009年07月05日 12:17
きたならパパさん、こんにちは。西白井改め白井です。御幸の階段、本当に懐かしいです(^O^)二階の文具売り場の臭いがしてきそうです。本の種類の多さは博文堂が勝ってましたね。この二件は一生忘れる事はないです。ところで、習志野台中学校のホームページの中の「地域の歩み」というコンテンツに、昭和42年当時の鮮明な航空写真が掲載されてました。真上からではなく北習駅の北西から写してる写真ですが、駅前の3棟はあるけど、商店街には西友も何も無く、当時を知る興味深い写真でしたよ。
Posted by 白井 at 2009年07月05日 12:43
白井さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

>ところで、習志野台中学校のホームページの中の「地域の歩み」というコンテンツに、昭和42年当時の鮮明な航空写真が掲載されてました。

ワタクシ、習台中出身なんです(前にも書きましたっけ)が、知りませんでした。
これすごいですねー。

ワタクシの住んでいた12街区、まだないです。
3街区、5街区、6街区は歴史が違うってことがよくわかりますね。
この頃は、買い物、生活、大変だったでしょうね。

いつも感動的な情報、ありがとうございます。
Posted by きたならパパ at 2009年07月06日 05:16
たびたびどうも。連続でのコメント失礼します。私も中一の一年間だけ習志野台中でした。二年になるとき白井に引越しました。習台中といえば…、現在、テレビやグラビア等で活躍している山本梓さんご存じですか?彼女も習志野台中学校出身です。ただ、北習のどこらへんに住んでいたのか(今でも実家はあるのか)は不明です。以前、テレビのバラエティー番組の中で津田沼の話題になった時も「あそこらへんは私の地元」と発言してましたよ。
Posted by 白井 at 2009年07月06日 18:55
白井さん、こんにちは。

ワタクシも中2で12街区から西習志野に引っ越しています。が、七林中はできたてだったので、クラスメートとわかれずに済み、そのまま卒業できました。

山本梓さん、スレンダーな美女ですね。
習台中だったんだぁ。ちょっとうれしいかも。

きたなら周辺だと、さとう珠緒さんが高郷小、山下智久さんと市井沙耶香さんが高根台中出身だったりしますね。
新京成では、倉木麻衣さんが前原中、そして電車男・伊藤淳史さんが御滝中出身というところは知っています。

そういえば、ホリさんが白井出身だったかと思います〜。
Posted by きたならパパ at 2009年07月07日 00:45
例の「新京成CiaO」の最新号が出てましたよ。今回は 京成千葉線直通運転のヒミツ公開 です。
Posted by 白井 at 2009年07月18日 23:17
白井さん
いつも貴重な情報、ありがとうございます。

このところ忙しくて、ビアーレきたなら商店会の七夕祭りなどあったんですが、ブログ更新できていませんでした。

子供の頃、京成津田沼駅のホームから、千葉方面につづく線路を見て、なぜ使わないのか不思議に思った記憶があります。昔は九十九里号という季節列車を走らせていた時期もあったみたいですが当時は知らなかったので。

「新京成CiaO」もらってきます。
Posted by きたならパパ at 2009年07月19日 08:27
たびたびどうもです。本屋で発見したのですが、朝日新聞から発刊されてる雑誌で「週間昭和」というのがあります。34頁までしかなく、A4変型の最近よくある薄くて大きい雑誌です。7/21発売の34号は昭和53年特集で、キャンディーズ解散や成田空港開港や江川の空白の一日などの特集と共に、拡大する郊外という記事(P20)で当時の津田沼サンペデックとその前の広場の写真がデカデカと掲載されてます。サンペデック南側の畑からサンペデック方向を写した写真もあり、昭和50年代に入り、津田沼は「東の吉祥寺」を合言葉に街づくりが始まった。という紹介文があります。

Posted by 白井 at 2009年07月21日 20:50
「週間昭和」ですか。白井さん、多彩ですね。
あ、わかった。デアゴスティーニが出している分冊百科とおなじようなものですね。毎号600円くらいで、全部買えば「昭和」の百科事典になるけど、好きな年だけ買えるメリットがありますね。

東の吉祥寺かぁ・・。
でも言われてみればそういう要素は感じられましたね。PARCOと、丸井がありましたから。
ミーナとモリシアが有名になって、南口の開発がさらにすすめばいまでもいけるかも知れませんね。
・・・新京成が井の頭線役だぁ。(^o^;)
Posted by きたならパパ at 2009年07月22日 08:36
はじめまして。
なつかしい御幸の写真に思わず書き込みしちゃいました。

平成初頭に北習を離れているので、
御幸も博文堂も無くなってしまったというのが少しショックです。
ワタクシも本といえば博文堂、文具といえば、御幸でした。
自分の中では今でも昭和末期の思い出のまま・・・
京成津田沼のつり革が当たる音のエピソードとか
最高に懐かしいです!
(偶然にも昨日地元の友人とその話で盛り上がりました)


貴重な写真を見られて感激です。ありがとうございました!


Posted by らっか at 2009年07月26日 02:12
らっかさん、こんにちは。
いやぁ、御幸を知る人に見ていただけて嬉しいです。吊り革の音もご存知とはさらに嬉しいです。

昭和末期ですと、まだ長崎屋が健在だったり、東葉高速鉄道も開通していない頃ですね。
まだバブル崩壊前の活気溢れる、いい時代でした。

ワタクシもその頃、西習志野から離れ、一時的にきたならの住人ではなくなっていましたが、結婚を機に松が丘に移り住んで今日を迎えております。

懐かしい店がなくなったりするのは寂しいですが、世の中厳しい折、まだなんとか活気を保っているのが嬉しくもあります。

こんな話が多い感じですが、また覗いてやってくださいまし。
Posted by きたならパパ at 2009年07月27日 12:00
御幸のあとは、
100円ショップのキャンドウ

10月中旬オープン
Posted by 我が習志野 at 2009年09月28日 01:07
我が習志野さん

すばやい情報、ありがとうございます。
新西友からダイソーが消え、旧西友からキャンドウが消え、きたならは100均枯渇状態でしたから、嬉しい知らせですね。

Posted by きたならぱぱ at 2009年09月29日 00:32
御幸!!

私も、エクセルの教則本とか、テニス。

スポーツ、PCに 興味が有りました。

よく買ってました。アルバイトのお金から、若い頃・・。

今は御幸の”み”の字の面影もない。
どうして問題もないのに簡単に閉鎖して、見えなくするのが謎で、堪らない・・・。

文房具も大好きです。
今はほぼ古文具専門店にしかない、コーリン鉛筆ものの色鉛筆なども、御幸さんと、大昔あったサンリオショップで買っては補充もしていました。

御幸なんて漢字の当て字もなかなかですなぁと10代の頃から関心をしていました。

幸せになるような受験などにいい学力アップの文句とか、持てば幸せになる色をしている文具類ってイメージが・・。
Posted by 昔の薬園台駅が好き at 2015年07月15日 22:38
昔の薬園台駅が好きさん、こんにちは。

「御幸」なんですが、おそらく地名に由来するものと思います。

郷土資料館に明治天皇駐蹕之処の碑(めいじてんのうちゅうひつのところのひ)という石碑があります。要はこの地に明治天皇が来てこのあたりを習志野原と命名したということなんですが、神である天皇が行幸し駐留されたということで地名も御幸台となったそうです。

つまり、「習志野台」になる前は「御幸台」だったということです。

他にも、子供の頃このあたりをよく走っていたタクシーが「みゆきタクシー」だったりしました。
習志野台4丁目に「みゆき町会」という町会があるのもなごりなんでしょうね。
Posted by きたならぱぱ at 2015年07月22日 20:39

この記事へのトラックバック
 

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。