津田沼の今昔@郷土資料館

2013年6月8日

広報ふなばし6月1日号に「昔のまちへ小旅行」と題した記事が掲載されています。

広報ふなばし6月1日号

記事によると、「前原」ってかつては「まいはら」と呼んでいたそうです。

 なお、平成15年に町名呼称を「まいはら」から「まえばら」に変更しています。

まぢで? 昭和15年とかじゃなくて? 最近までまいはらっていう地名だったの?

住居表示制度で薬園台が薬円台にされちゃったのが昭和48年。
その時点でまえばらって呼んでたような気がしますが・・・住人じゃないのでわからないですね。

郷土資料館で「津田沼の今昔−写真でみる街の遷り変わり PartII」というパネル写真展が開催中とのこと。
津田沼駅と前原駅周辺の昔の写真が展示されています。
7月14日(日)まで開催しているとのことなので、見に行ってみたいところです。

そういえば、今年の確定申告で船橋税務署に行った帰りに、前原団地を通ったことを思い出しました。
かつての前原団地の面影はほとんどなくなっていて、URを中心としたマンション街にすっかり変わっていました。
路行く人もお年寄りではなく、赤ちゃんを抱っこした若奥様が中心。
記憶とぜんぜん違うので道に迷いそうになりました。

なんとなく、寂しかったなぁ。
そうそう、そのときはスマホが電池切れでスナップも撮れず、ダブルで寂しかったのでした。(^^ゞ