交差点にぶどうが育つ

2011年7月30日

習志野台3丁目交差点。交番がある交差点ですね。
駅から商店街を歩いてここまで来て、信号待ち。

ふと上を見上げると、美味しそうな「ぶどう」がぶら下がっていました。
貧しくて腹が減りすぎて幻覚を見たわけではありません。(貧しいのは本当です)

110730budo1.jpg

ぶどうの枝をたどっていくと、幹のところに看板がありました。

110730budo2.jpg

「マスカット・ベリーA」。ワイン用のぶどうだそうです。
角にワイン専門店「ワイン酒蔵セラー73」がありました。

店の広告としてもなかなか乙ですが、この時期、天然の日よけとしても役立っています。

 

高根台団地の街づくり構想図

2011年7月19日

立ち退きが済んで取り壊されていく高根台団地。
そのフェンスに街づくり構想図が掲載されていました。

110719takanedai.jpg

よく見えないので、拡大!

110719takanedai2.jpg

真ん中の青いところが徳州会病院ですね。
その北側に高齢者施設と保育所ができるようです。

意外に戸建てのエリアが多いんですね〜。
分譲になるのだろうか・・。

まぁ、いままで建っていた団地よりも高い建物を建てるわけだから、戸数は充分すぎるし、こんなもんか・・。

いろいろ反対運動もありますが、築50年、鉄サッシ窓時代の建物ですから取り壊しもいたしかたないところかとは思います。

ただ、URの賃貸料は高すぎると思いますね。
そんなのは民間に任せておけばいいのであって、長年この団地に暮らしていた人たちだけでも引き続き入居できるような配慮があってもいいと思います。

あ、URも民間か。(--;)

本当の意味での民間が解決していくべき局面に来ているのでしょう。
777万円で家が建つ時代です。ぼったくりに未来はない、と信じたい。

110719takanedai3.jpg

さくら公園に近い敷地の北側には貯水池ができるようです。
この絵のように子どもたちが虫取りなどして楽しめる場所ができるなら、それも悪くはない、かな。問題はそこにいくらかけるのか、財源は?、でしょう。

あぁいかん、テレビの見すぎかも。

 
タグ:高根台団地

駅前交差点に鉄板のふた

2011年7月16日

北習志野駅前交差点の地面が鉄板で覆われました。

110716-1.jpg

駅から商店街のほうに渡った角も鉄板の範囲が拡がっています。

110716-2.jpg

ここ、夜になると鉄板をとりはずして掘削工事をおこなっているんですね。

110714koji.jpg

日中ももう少し作業してもいいのでは?と思いますが、反対されたのかな?

110716koji.jpg

工事内容を示す看板も設置されました。
「ペデストリアンデッキ」と明示されています。

 

マロンド前に畑?

2011年7月10日

マロンドの前の歩道が四角く囲われ、その中が畑のように耕されました。

110706kitanara.jpg

マロンドの店長、まさかここで麦を育てて無農薬パンでも作る気じゃ?

・・なわきゃないでしょ。(爆)

このあたりは確か、ペデストリアンデッキから降りてくる階段かエレベーターが設置される場所になっていたはず。そのための下準備がはじまったようです。

110710kitanara.jpg

東葉高速の入口にも仮設の屋根が設置されました。
これで雨の浸入もある程度は防いでくれそうです。

 

ムクドリ襲来! きたなら夏の風物詩

2011年7月5日

きたならにムクドリの大群がやってきました。
もともと津田沼に1万羽が殺到したので、追い払ったところ、そのうち7千羽がきたならに。
うち3千羽は高根公団に移動したそうですが、なお4千羽が集結します。



朝になってみると、糞だらけ。
特にちば銀から魚次の前の歩道がひどい状況です。
害鳥だなこりゃ。

110818fun.jpg

でも、蛾やガガンボ、コメツキムシなどの害虫を食べる益鳥だそうですので、悩ましいところ。

ケヤキの木が好きで、さらに明るいところが外敵が来ないので安心するとのこと。
へたに追い払うと、屋根やベランダなどに移り住まれ、ますますやっかいなことになりかねないそうで、対策は慎重を要するそうです。

参考:http://www.chibanet.jp/midori/report/mukudori.pdf
 

七夕まつり in ビアーレきたなら

2011年7月2日

毎年恒例の七夕まつりです。
ことしは車で通りかかっただけでしたので、車内からパチリ!
110702tanabata.jpg
いつもながら人が多いですね、ここは。
ちょっと見てみたかったのですが、車を停められる場所がないので、そのまま立ち去りました。
さらばぢゃ。