ACのCM

 
震災以降、ACのCMがすごく目立っていますね。
地震当日の金曜日から日曜日まで、まったくCMはなかったと思いますが、月曜日あたりからしばらくは、CMの8〜9割は「AC」という感じでした。

このACというのは、主に広告を出す側の企業が寄り合いで費用を出し合い、企業・タレントの不祥事や倒産などによりCMを自粛したり放映できなくなった際の代替CMを用意しており、CM枠の穴埋めのために使用されます。

数年前まではエーシー♪、のあとに男性の声で「公共広告機構です」というナレーションが入っていました。

今回の大震災ではほとんどの企業がCM放送を自粛したため、一気にほとんどのCMがACに差し替えられた、というわけです。

にしても、耳タコなくらいでした。(^^;)

CMは住みよい日本・より良い社会を啓発するものとして毎年テーマを決め10数本作成されています。2010年は人と人とのつながりをテーマに作成されたそうです。

--------------------------------------------------------------------------
見える気持ちに。


「こころ」は
だれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える

「思い」は見えないけれど
「思いやり」は
だれにでも見える

宮澤章二 [行為の意味] より

その気持ちをカタチに。




 
 
--------------------------------------------------------------------------
こだまでしょうか

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

「金子みすゞ童話全集」より

やさしく話しかければ、
やさしく相手も答えてくれる。

--------------------------------------------------------------------------


子供たちに人気なのが、これ。

--------------------------------------------------------------------------
こんにちは こんにちワン
ありがとう ありがとウサギ
まほうのことばで
たのしいなかまが
ぽぽぽぽーん

あいさつするたび
ともだちふえるね


--------------------------------------------------------------------------

「だいじょうぶだよ」
「いつも みてるよ」
「ずっと いっしょだよ」

忘れないでください
あなたの手で伝えられることが
たくさんあります。

こどもに、あなたの手当てを。

--------------------------------------------------------------------------

大正時代の詩人「金子みすゞ童話全集」は注文が殺到し、売り切れだそうです。
 

帰宅難民:東日本大震災

2011年3月12日

一夜が明け「東北地方太平洋沖地震」の想像を絶する惨状が明らかになってくるにつれ、呼び方も「東日本大震災」へとシフトしてきました。(NHKだけ東北関東大震災←関東大震災とかぶるからできればやめてほしい、かも。)

東京では鉄道が徐々に動き始め、土曜の朝6時台だというのに平日夕方のような混雑ぶりでした。

11031201.jpg
東京メトロ東西線・飯田橋駅


やはりこれだけの人々が帰れなかったんだなということを実感。
池袋・サンシャインのプリンスホテルでは客室は当然満室。
帰宅難民のためにロビーを開放していました。

11031205.jpg
サンシャインシティプリンスホテル・1階ロビー


ソファーにありつけた人はラッキーですが、床で横になっている人もホテルのカーペットですから・・割とラッキーだったのかも知れません。駅で立ち尽くしているよりは。

大学なども解放され、教室で一夜を明かしたサラリーマンもいたようです。

バスは意外と人を乗せられない・・・そりゃ電車とは比較になりませんわな。
かといってタクシーを待っていても来なかったようです。
首都高は地震の影響で全面閉鎖。早い者勝ちのお客さんを乗せたタクシーは次々と渋滞の一般道へとはまって行き、戻りたくても戻れない。

オリンピックでは自転車が売り切れたそうです。
隣接県まで歩いて帰るのは無理でも、自転車なら・・・機転が利く人も多かったんですね。

そのほか、レンタカーも人気だったそうで。
自宅近くの営業所に乗り捨て・・・やはり機転が利きますね。

そんな脆弱さを露呈していた東京でしたが、東北の状況が凄すぎて、報道もそちらへ移行してしまいました。

確かに、町ひとつ・・いや、3つも4つも・・が丸ごと大津波にさらわれ、原子炉が爆発しているんですから。
一晩帰れないくらいどうってことないです。

 

宮城・茨城、同時多発地震発生! 「東北地方太平洋沖地震」と命名

2011年3月11日

ニュージーランド・クライストチャーチの大地震の余韻も覚めやらぬ中、日本でも大地震が発生しました。

今回の地震は「東北地方太平洋沖地震」と命名されました。
発生は14:45ごろでした。

宮城北部では震度7を記録。
マグニチュード8.4だそうです。震源は三陸沖。←その後8.8に修正

また、初めて聞く「大津波警報」というものが発令されました。
10m以上の津波が各地に押し寄せ、多数の船や車が押し流されました。

茨城県でも後を追うように震度6の地震が発生、こちら船橋市でも震度5強の地震となり、しかも余震が2時間近くも続く、これまでに感じたことのないすごい地震となっています。
いまもまだ余震が続いています。

 続きを読む