おかしのまちおか、JuJuきたならに。

2009年5月29日

おかしのまちおか北習志野店習志野台商店街もとい、JuJuきたならに「おかしのまちおか 北習志野店」が登場します。
場所は旧マツモトキヨシ、御幸と博文堂もといソフトバンクショップの間です。

おかしのまちおか、は都心を中心に90店舗以上を展開するおかしの専門店で、リーズナブルな価格で、いま人気のお菓子を1000種類取り揃えているそうです。

現代版、駄菓子屋チェーン、といったところです。

千葉県内では、京成船橋店、柏店、unimoちはら台店、ららぽーと柏の葉店が存在していました・・・知らなかったぁ。

おかしのまちおかのwebサイトを見てみると、この4月から幡ヶ谷店、トレッサ横浜店、ララガーデン春日部店、三鷹店と、ぞくぞくとオープンし、北習志野店へとつないでいます。

すごいですね〜。このご時勢に怒涛の快進撃ですね〜。
お菓子ってそんなに儲かるのかな〜。

ワタクシの子供たちもそうですが、中高生を中心に女の子にはお菓子は欠かせない存在かも知れませんね〜。

子供たちの行きつけになりそうです。

 

新京成CiaO - 新京成おでかけ情報誌 -

2009年5月23日

CiaO Vol.85新京成CiaO - 新京成おでかけ情報誌 - というものがあることを教えていただき(Thanks西白井さん)、さっそくいただいてきました。

やはり注目記事は「北習志野駅舎移転の裏側に密着!」です。
新駅舎に前日まで自動改札がなかったのは気づいていましたので、当日未明に移設したんだろうな、とは漠然と思っていたんですが、券売機や元締めの光伝送装置までを、100人以上の人海戦術で一気に移設していたんですね。

ワタクシも企業のシステム管理者ですので、移転やシステム入れ替えなどで深夜一揆を何度かこなしたことがあります。

移設作業のときはお祭りみたいで、不謹慎ながら正直ちょっと楽しかったりもするんですが、移設完了後の電源投入時は緊張が走るものです。
そして、思惑通りに動かなかったりすると、背中に気持ちの悪い冷や汗をたらしながら原因究明−解決を図ることになります。

明け方になっても解決せず、社員が出社しはじめる8時30分ごろになって辛くもぎりぎりで復旧した、なんてこともありました。
徹夜の疲れと緊張からの開放で、ぐっっったり。

ましてや公共インフラですから、担当者の緊張はすごかったでしょうね。みんなでやれば恐くない、ぐらいの人数ですけど。

ま、今回はシステムが沈黙しても1駅のみ。
電車が止まるわけではないので、きたなら利用者には人手で対応、最悪、大盤振る舞い(ただで通過)で乗り切る覚悟はあったかも知れませんが・・。

何はともあれ、お疲れさまでした。

ペデストリアンデッキに屋根がつくょ。2

2009年5月8日

ペデストリアンデッキの屋根が一部ついてきました。

北習志野ペデストリアンデッキの屋根


これはなかなかですね〜。
重厚な感じではなくシンプルと言えばシンプルですが、けっこうすっきり、ややシックにまとまりそうです。
特に夏場は、実際に日差しが遮られるでしょうけど、見た目も涼しげに感じるような気がします。

でも、旧駅舎をとり壊す前に屋根つけちゃって、邪魔にならないか、密かにちょっと心配しています。

とりあえず、屋根の完成が楽しみです。

新京成・北習志野駅、新駅舎オープン4

2009年4月20日

ワタクシは東口の人間ですが、昔西習志野に住んでいたこともありますので、ちょっと気になって西口も覗いてみました。
nisiguti0415.jpg

こっちの階段は、なにやら神殿のような面持ちで重厚感があります。
照明に気遣いが感じられますね。

nisiguti0416.jpg

外へ出てみると、なんとこちら側にも車止めがあるんですね〜。
こっちは道が狭いんで、車のすれ違いレーンの意味合いが強そうですが、体の不自由な方は、ここで降りればエレベータがすぐ横にあって便利です。
その点では東口より便利で穴場かも知れません。

とにかくよく考えられていて素敵です。

市にはこちらの道幅を改善していただきたいところです。
市進の前などを見るとセットバックされているようなので、いずれは拡幅されるかも知れませんが・・。