西友が街に2つある謎。

 
北習志野にはなぜか西友が2つあります。「北習志野店」と「新北習志野店」です。どちらも30年以上前から存在します。
きたなら界隈の市民はそれぞれ「旧西友(または西友)」、「新西友」と呼んで区別しています。

旧西友 新西友
習志野台商店街の中ほどにある「旧西友」    駅北側の踏切近くにある「新西友」   


直線距離で250mくらいしか離れていませんが、他のスーパーを買収したようなものではなく、最初から西友として建設されました。

一部では北習志野最大の謎と言われていますが、話によると、旧西友は小型店の事業部、新西友のほうはGMS(大型店)の事業部と、所属する事業部が異なるそうです。
にしても同じ街に2店展開する理由にはなりにくいのですが、いくつかの要因が重なって実現した可能性はあります。

まず考えられるのは、東西線の延伸計画。
昭和46年の都市交通審議会で東西線の延伸計画が盛り込まれ、昭和48年5月に千葉県と船橋市と八千代市からなる「営団地下鉄東西線建設促進協議会」が発足した時点で、北習志野に東西線が来るという話題が沸騰、西友がこの地での覇権を得ようと動いたと考えられます。

もうひとつは立地。
当時の北習志野駅前には、扇屋と二幸という2つのスーパーがありました。この2店を挟み撃ちして追い落とす作戦だった可能性があります。
当時はまだ車社会にはなっていませんでしたので、徒歩での買い物が主流でした。駅からの帰り道に買い物をする客も、家から買い物に出る客も、より自宅に近い店で買ったほうが重い荷物を運ぶ距離が短くて済むわけです。
宅地の造成を考えても、習志野台−高根台方向への広がりは早かったですが、西習志野−習志野方面は少し遅かった上、高根木戸にも高根公団にも大型店はありませんでしたので、新西友のある場所は絶妙だったと考えられます。

本当にそんな思惑が働いたのかどうかはともかく、実際に数年で扇屋は撤退、二幸もやがて姿を消し、跡には三越が入りました。(日本一みすぼらしい三越との噂でした)
ただ、計算外だったのは、東西線の延伸目当てか、扇屋の隣に長崎屋が進出してきたことで混戦が激化したこと、高根木戸駅前にはジャスコができ、高根台方面の客を持っていかれたこと、東西線の延伸が大幅に遅れたことなどで、思うように集客できなかったようです。

さらに、世間が車社会・ネット社会へと様変わりし、駅近至上度合が薄れたことなどが重なったこともあるのでしょう、東西線の延伸計画が形を変え、96年4月に東葉高速鉄道としてようやく開通しますが、その年の秋に長崎屋、02年三越と相次いで撤退しています。

#きたなら界隈も車社会になり、車だと駐車スペースの充実したマックスバリュなんかのほうが便利と感じてしまいます。

そんなわけで、2つの西友はきたならの覇権を獲得した形になっています。

でも、かつては賑やかだった両店とも疲弊感が漂います。
とはいえ24時間営業化され、遅い帰宅時には便利だと感じますね。

新西友は最近大改装され、家電や衣料品売場も24時間営業になりました。
しかもチラシ競争を始めたので、在庫次第ですが、夜中でも他店のチラシ価格で買えるというメリットは大きいです。

きたならの顔ですので、頑張って欲しいです。
タグ:北習志野

昔日の新京成


ワタクシがはじめて新京成に乗ったのは、小学校2年生の頃、おそらく昭和46年(1971年)だと思います。
その当時は北習志野〜京成津田沼の範囲しか乗車していませんでしたが、印象深く心に残っています。

習志野駅脇のイイダ家具を過ぎると見えてくる、畑の向こうの薬円台ボウル。
以前は薬園台の駅は踏切の南側でしたね。
薬園台を過ぎると鉄橋が楽しみで、前原を過ぎると木造4階建のこげ茶のあやしい建物に釘付け。
それを過ぎると大きなカーブを描いて車輪を軋ませながら新津田沼にへたり込む。
・・あの木造なのに4階建の建物、なんだったかご存知の方はおられるでしょうか。
当時、今は亡き親父に聞いたら軍だとか自衛隊だとか言ってましたが・・。
いつか歩いて見に行ってやる、と子供ながらに思いましたが実現しないうちになくなってしまいました。
地図を見ると、たぶん前原東4-1のマンションが建っているあたりだったかと思います。

その頃の新京成の電車は京成払い下げの100形とか200形に改良を施した車両を使っていました。
おでこに大き目の丸いライトをひとつ付け、人がめくる行き先表示板を名札のように付けていました。

sk_100kei.jpg


強烈なのは、モーター音がすごく唸るんです。
現在の電子制御のパルスモーターとは大違いの、超アナログな大型単発モーターといった感じ。
うぅうー(200Hzくらい?)からスタートして音程を上げながら加速し、40秒ほどでうーっ!!(500Hzくらい?)っと唸りを上げると、ふっとモーター音がなくなり、あとは惰性でカタンカタンコトン、カタンコトンコトンと走るわけです。
そのおんぼろ感が子供のワタクシには心地良かったです。

おんぼろ感といえば、新津田沼−京成津田沼間で発生することが多かったのですが、カーブで電車が左右に揺れると、吊革が網棚にカン!カン!当たってたんです。これは恐怖感とかではなく、カルチャーショックっぽい感じでした。
この現象は大人になってもたま〜に発生してましたんで、いつか録音してやろう、と思っていましたが、これも実現せず、です。
一度デンスケを持って乗ったことはあったんですが、そのときはカンカン言ってくれませんでした。

さて、小学校も高学年くらいになると、たまには松戸方面にも出かける機会がありました。
両親に高根公団の商店街、初富の梨狩り、五香〜常盤平の花見などに連れていってもらいました。

上りは高根公団止まりと鎌ヶ谷大仏止まりが7割くらいで、くぬぎ山行きや松戸行きは少なかったです。
当時初富から先は単線でしたから、そういう運行だったのでしょう。
いまは9割以上が松戸行きで、車両の進化もあって30分くらいで松戸まで行けますが、当時は運よく松戸行きが来ても45分、接続が悪いと1時間かかっていましたので、松戸は遠いと感じていました。
下りも新津田沼止まりが今より多かったですね。だいたい半分が京成津田沼まで行く感じでした。

松戸方面では、初富−北初富間にも大きなカーブがあって、それを過ぎると鉄橋があって、下を単線の線路が走っている。これも興味深かったですね。そう、東武野田線です。
いまはどちらも複線化され、北総線も通り、新鎌ヶ谷駅ができて乗り換えができるようになり、周囲に街もできつつありますが、当時は農村のはずれのような印象だっただけに、時代の移り変わりを感じますね。

そういえば高学年の頃だったと思いますが、北総線が北初富−小室
間で暫定開通して、北初富から新京成に乗り入れて松戸まで行ってたことがありました。八柱に武蔵野線が開通したのもこのころだったかな。

それでも儲かってる新京成、なんだかすごい電車です。


#勘違い、思い違い、記憶違いもあるかと思います。当時をご存知の方がご覧になられましたら、ぜひとも補足・訂正などコメントいただけますよう。m(__)m

 続きを読む